プロフィール

Seeing Eye

Author:Seeing Eye
特に紹介することもない、薄っぺらい人間ス。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAGの暴れん坊

買ったはいいが使いどころがないアイテムってありますよね。。。
今回は、僕にとってそんなアイテムであるTAGのランページです。

今年になり、パラクレイト、DBT、TAGの大手?三社が新型のプレキャリを発表しましたが
とりあえず、入手が一番容易であったTAGを入手してみました。
まずは詳細でも。
DSCN1195.jpg


サイドのSAPIの位置を変えられるのはスパルタン2なんかもそうですが、オープントップのM4ポーチとか装着してもいいですね。
あ、画像が手振れてるwまあ、いいやw
DSCN1199.jpg


背面のフラップ部分。
TAGは何故2インチのベルクロしか使わないんですかね?昔からの謎です。
DSCN1197.jpg


難点としては、フリーサイズな点ですかね?
身長が低い方だと厳しいと思います。これはTAGの以前のプレキャリからの問題ですが
大柄な人間の多い米国人基準なのでやむ得ないですねw
胸の部分のベルクロ、新型のEAGLEのプレキャリやMTVを髣髴させますね。
DSCN1202.jpg

独自性としては二つに分かれたフラップですかね?
考えてみましたが他社に対してのアドバンテージが見出せませんw
他社のモデルだとトリプルのマガジンポーチが装着可能なのに対し、
正面にダブル二個装着できる位?
DSCN1201.jpg


非常に綺麗な縫製で、製品としては申し分ありません。
安定感ではBHI並みだと思います。
しかし、僕はタクティカルギアマニアではなく、ミリタリーマニアなので、
そこは重要ではなかったりしますw
むしろ、適当な手縫いだったり、チープな生地だったりしたほうが萌えますw

あと、値段がネックですね。$400は、パラクレイト、DBTの新型と比較しても$50程高いのは大きいです。
国内価格となれば、店頭価格でCIRASやRAV並みに・・・もはやプレキャリの値段じゃないw
前向きにショルダーパッドとサイドプレートキャリアーが付属しての値段と考えればなくもない値段かも。

しかし、更に上位を行くモデルが・・・
rampage_1a.jpg

リリーサブルのランページ・・・もはや何がなんだか・・・
海兵隊の例もありますが今度は、動きが制約されるアーマーよりも
プレキャリ形状でソフトアーマー込みのモデルが増えていきそうですね。
スポンサーサイト

MBSSとMBSS

未だにさのくんは、ネットが不通と言うとんでもなく使えないかわいそうな状態なので
単独で比較ネタでも出してみる。

PANTACのMBSSと実物のMBSSを比較してみる。
mbss.jpg

多分、だれもこれはやってないでしょ?
というか、もってる人たちはちまちまレプリカを買わずに実物に逝ってるでしょw
ウチの場合、予定外のタイミングだったのでやむ得ずに、こんな状態なんですが(泣き
DSCN1186.jpg
DSCN1187.jpg

とりあえず並べてみる。
実物はカーキとしてはポピュラーな前面、背面ともフラップが内側のタイプ。
レプリカは、背面のフラップが表面にあるタイプ。
正直、カーキでこのタイプはあんま見たこと無いかも?
DSCN1188.jpg

他でもかかれてますがPANTACの最大のネックはサイドのFASTEXですね。
実はウチにはレイジーのレプリカもあるのでFASTEXを用意して待っていたんですが、
取り付け位置だけじゃなくサイズまで違うとは想定外でした!
この時点で我が息子は萎えたwww

しかし、基本的には良い出来ですね。
DSCN1191.jpg


背面を見てて思ったんですがPANTACの方が若干幅が広いみたいです。
DSCN1189.jpg
DSCN1190.jpg

















さて・・・もうネタとして消化したからいいや・・・orz

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。